総合病院からクリニックに転職した看護師だけど質問ある?


私は元看護師として大学病院に10年以上勤めてきました。
10年間勤めて得たもの。
”人脈”です。
大学病院での勤続年数が長くなると助教授や教授のDrだけでなく、医院長先生や夫人まで
交流をする機会が増えます。
最初はお互い気の探り合いといったところでしょうか。
だいたいが患者さんの様態や、治療方針等の相談です。
でも、信頼関係が築けた上にアルコールでも入ってしまうと誰しもタガが外れます。
そして病院のコアな部分、医師達の趣味や病院の裏話、お金の話へとたどりつきました。

一方で、同期の看護師や後輩看護師とも深く関わりました。
公私に渡る相談に乗る機会も増えます。
気が付けば”頼りになる姉御肌”。
最終的には”影の相談役”という肩書までつくようになりました。

病院は組織のピラミッドです。
「私は全ての階層を知り尽くしてしまった」と言えばオーバーかもしれません。
でも、退職後は経験をもとに講演会や、転職セミナーでお話しする依頼を受けることが増えました。
これも人脈のおかげでしょうか。
出席していただいた受講者の方から、感謝のお手紙やメールをいただくことがあります。
そのお手紙を読むたびに、もっと多くの方に知ってもらえたらと思うようになりました。
転職セミナーで頻繁に挙がってくる質問を優先的に述べてみたいと思います。

総合病院とクリニックはどっちがいいの?

セミナーの皆さんからも良くいただく質問です。
皆さんは看護師として何を優先しますか?
そんなの人それぞれですよね。
私もそうだと思います。

でもこれだけは言わせてください。
看護学校を卒業したばかりの新人看護師さん。
あなたたちには絶対に総合病院がおススメです!
クリニックだとスキルが身に付かないからです。
それに、業務内容に偏りがあるのも事実。
看護師人生の幅がスタート地点で狭まってしまいます。
仮に新卒でクリニックに就職します。
後々総合病院で働くのは環境が違いすぎてかなり辛くなってしまいます。

そもそも総合病院とクリニックの違いは?

総合病院 =”会社組織”です。夜勤あり、給料高い。福利厚生バッチリといったところでしょうか。
クリニック=”個人商店”です。夜勤ない、でも給料安い。

スキルを身に付けるにはどっち?

圧倒的に総合病院です。

総合病院 =重症患者がくる。処置も複雑で知識が必要。緊急性も高い。
クリニック=軽度患者がくる。処置のパターンは少ない。

総合病院 =診療科に分業されているので高い専門性が身に付く。
クリニック=単科、簡単な診療ばかり。”何でも屋”かな。 
      新しいことを覚えるのはちょっと。。。でも小回り効かせます!
      という人は向いています。

総合病院 =院内の勉強会、外のセミナーに参加。
      私も頻繁に参加しました。
クリニック=勉強会がほとんど無い。専門性の高い有名クリニックは例外。

総合病院は=すべてマニュアル化。看護師の標準~を学べる!
クリニック=適当。行き当たりばったり。

総合病院は=機器が最新または比較的新しい。機器操作の知識が必要。
クリニック=コストがないため古い。

皆さんがトラブりがちな人間関係。どっちがいい?

人間関係はどちらとも正直きついです。
総合病院もクリニックもきつさは同じ。
でもクリニックは院長の意見が絶対。
狭い世界だから逆らえない。
万が一逆らったとしたら。
一人孤立化して酷い目に合う。

更にひどいパターンのクリニックがあります。
院長夫人が経営に参加しているパターン。
ブラックな可能性大。
なぜでしょうか。
夫人に目を付けられるからです。
私服から歩き方や喋り方は朝飯前です。
出身看護学校までグチグチ嫌味のオンパレード。
朝から晩まで果てしなく。
もうブラックそのものです。

こういうクリニックは必ず噂になります。
求人サイトの担当者に話を聞けばすぐに教えてくれるらしいです。
私の後輩看護師も、多くが転職サイトを利用して転職をしています。
この話は後程しますね。

クリニックって就職しないほうが良いの?

のんびり看護師をやりたいなら総合病院よりクリニックがオススメ。
夜勤ができない子育て中の人は、クリニックしか選択肢がない場合が多いです。

クリニックに転職したいけどどうしたらいい?

クリニック選びはギャンブルと一緒だって聞いたことがあります。
院長によって当たり外れが大きすぎるから。
ハズレは誰もひきたくない。
これは絶対的な意見でした。

もう少しギャンブルの話をさせてください。
株でも為替でもFXでも競馬でも情報が命です。
みんな競馬新聞を見たり、為替の値動きから目を離そうとしない。
そうやって必死に情報を集めています。

クリニックも同じ。
ベストな選択をするために情報を集めます。
友人知人。SNSやネットの掲示板。
何でもいい。
就職や転職をしたいと思った時。
とにかく病院の情報を集めることです。
これが良いクリニックを選ぶ絶対条件です。

もっと効率的に情報を集めるにはどうしたらいい?

転職サイトに登録することです。

先日大学病院の同期会がありました。
そのとき友人看護師にインタビューした話を紹介しますね。
彼女は30歳のとき結婚しました。
遠距離だったご主人について行ったため転職をすることになります。
土地勘もなく、迷った挙句、ネットで見つけた複数の転職サイトに登録しました。
結果。みごとクリニックに転職を果たします。
でも簡単じゃなかったみたい。
転職サイトっていってもピンキリです。
一社目。すぐに連絡あり。ラッキー!と思って面接に行く。
希望してもいない介護職をひたすらススメられ、断るのがやっとの状態でした。
いわゆる圧迫面接でした。
最初はニコニコしていた担当者も、最後は書類を出して
サインしてくれないと帰れないと詰め寄る始末。
何とかギリギリ断って帰って来ました。
今思うと、介護施設とズブズブの関係だったのかもしれません。
二社目。しばらくして連絡があったようです。
面接をパスして転職を果たしました。
勤めて最初の給料日。騙されたことに気付きます。
給料30万は残業代なしの20万。夜勤は月5回までの条件が実際は入れられ放題。
その上婦長は意地悪おばさんそのものだったそうです。
いわゆるブラック病院に当たってしまったのです。
三社目にしてやっと当たりを引くことができました。
彼女の「転職サイトもギャンブルよ。」という一言が印象的でした。

彼女の経験から言わせてもらうとギャンブル性は高くても
転職サイトに登録するのがベストです。

ブラック転職サイトにひっかからないためにどうしたらいい?

転職サイトの担当者たちは、お世話をした看護師から直接情報を聞き出しています。
病院の内情をよく知っている。
人間関係が最悪かどうか。
イジメがあるかどうか。
院長が暴れまくる?
サービス残業が多い?
福利厚生が無かった?

そこで働く看護師しか知らない情報。
求人サイトの担当者たちは持っています。
後輩の失敗があったからこそ私たちは失敗せずに済むのかもしれません。

↓ブラック転職サイトで騙された看護師の事例
>>>事例はこちらをクリック

後輩たちに感謝。人脈に感謝しています。